レジのキーと笑顔の店員

飲食店に飲食POSレジを導入しよう

POSレジ

飲食店を新たに始める、リニューアルする、売上げ状況をきちんと把握したいなど、レジを導入するケースは様々ですが、レジを導入するなら普通のレジではなく飲食POSレジを選択するのがおすすめです。飲食POSレジを利用すれば、販売時点での売上げを記録するため、どの時間にどの商品がどれだけ売れたのかを一瞬で簡単に把握することができます。今では百円ショップや美容室、飲食店など多くの業界で導入されているPOSレジですが、使用する店舗が多いことから分かるようにとても便利です。例えば、売上げをきちんと把握したい場合や1ヶ月ごとに商品を変える際、今販売している商品の中で人気のない商品はどれかなどを知りたい場合にPOSレジは役立ちます。コンビニのような様々な商品を販売している店舗で、商品を購入した際にレシートにきちんと商品名と個数が記載されているところを見かけたことがある方も多いでしょう。そのようなレシートを出している店舗は全てPOSレジを導入しているといえます。このように、飲食POSレジを導入すると店舗側はどの商品が売れたのかなど売上げを正確に把握することができます。また、顧客側もレシートでどの商品をいくつ注文したのか把握することができるので、割り勘の時などに便利です。ぜひ飲食店にはPOSレジを導入しましょう。

飲食POSレジを設置して飲食店の経営改善を図る

今、飲食POSレジを導入する飲食店が増えています。POSレジとは、「PointofSales」という英語の頭文字を取ったもので、販売時点情報管理という意味です。お客様と会計処理をする時点で、販売情報を管理するシステムを搭載したレジを指します。この飲食POSレジはネットワークに繋がっていますので、販売データを蓄積、分析することで、飲食店の売上げを伸ばしたり、売上げの改善を図ることが出来ます。飲食POSレジのメリットはいつ、何が、何個、いくらで売れたというデータを正確に入手することが出来る点です。更に、お客様の性別や年代、来店客数など、様々なデータから在庫管理や発注処理、販売管理に必要なデータを取得することができるので、客層ごとに売れる商品を予測することも可能です。従来のレジでは手打ち入力の際に間違ったり、時間がかかるということがありますが、飲食POSレジではデータベースとバーコードスキャナーを連動させることで、打込み時間を短縮したり、打ち間違いも少なくなり担当者の負担軽減やコスト削減を実現できます。現在は、お客様データを経営に活かして、業務の効率化を図ることが飲食店の運営に必要不可欠になっています。どんなお客様が訪れているのかを分析して、アクションを打って経営の改善を図らなければなりません。このように飲食POSレジを導入するメリットはたくさんあります。

飲食店経営するなら飲食POSレジを導入しましょう

飲食店を経営するうえで重要なこととは、飲食POSレジを導入し、クラウドもしくは社内ツールでPCやハンディと接続すること、そして在庫の見える化です。飲食POSレジとは、レジ販売機能と集計機能がついているもので、売上げを分析することができます。また、クラウドでつなげてPCなどでアプリケーションと連動、また入力をすることで食材を管理することが可能です。ハンディ入力のデータ蓄積により顧客情報と人気商品を洗い出せますし、利用食材の数も管理することができます。売上げと食材管理ができると利益予想を立てやすくなります。
飲食店では集客サイトなどインターネットを使った集客が大きな効果を現しています。同じPC上で情報を確認しつつ、リアルタイムで人気商品をインターネットで告知することができますし、さらに売れた商品を管理することもできるので作業効率が上がっていきます。飲食店では特に食材管理が大変ですので、この食材管理の作業効率を上げることも重要です。発注サイトで棚卸作業を行っていたりしますが、POS在庫との付け合わせをすることにより、正確な棚卸ができます。そして正確な棚卸をすることで内部不正を防ぐことができます。また、ロスを管理するためにもロスした商品の入力をしなければいけなくなるので、誤発注・注文の受け間違え・作成ミスなどが減りますし、作業の見える化にもつながります。そして結果的に店舗としてロスカットすることにもつながります。上記の要件から飲食店では飲食POSレジを導入することとオススメ致します。

CHOICES POST

飲食POSレジを導入すればコストの削減になる

忙しい飲食店では、業務の無駄は極力省きたいものです。従業員の手間と時間を削減できるのがPOSレジです。飲食店用のPOSレジは便利な機能がたくさん付いていて、会計時だけでなく、売上げ管理までしっかりと行ってくれます。販売情報もリアルタイムで確認できますから…

小規模なお店でも飲食POSレジの導入がおすすめ

小規模な持ち帰り店のオーナーや管理をしている方の中には、オーダーを口頭で受け記録していない、昔ながらの紙とペンで対応しているという方はいるのではないでしょうか。一見すると、高価なPOSレジのように導入コストやランニングコストがかかっていないように思えます…

飲食POSレジなら使い慣れたスマートフォンを端末にできる

飲食店向けの専用POSレジを導入したものの、使い勝手の悪さが問題となっていることがあるのではないでしょうか。専用設計で操作も独特、メニューリストからオーダーを受けたものを文字で探す必要があり、ボタンで操作するということは少なくはありません。結果、アルバイ…

飲食POSレジなら顧客管理機能を使えて機会損失も見逃さない

飲食店でお得意様に効果的な売り込みを行いたいと考えている方はいるのではないでしょうか。小規模な飲食店で顔馴染みが多く、来店頻度も高いなら好みに合ったメニューを提案できます。しかし、不特定多数のお客さんが出入りし、お得意様の好みまで覚えられないことは少なく…

TOP