レジのキーと笑顔の店員

飲食POSレジなら顧客管理機能を使えて機会損失も見逃さない

飲食店でお得意様に効果的な売り込みを行いたいと考えている方はいるのではないでしょうか。小規模な飲食店で顔馴染みが多く、来店頻度も高いなら好みに合ったメニューを提案できます。しかし、不特定多数のお客さんが出入りし、お得意様の好みまで覚えられないことは少なくはありません。メニューの売り込みを行った結果、マイナスイメージになることもあり得ます。そこで飲食店向けPOSレジを導入して顧客管理機能を活用しましょう。
飲食店向けPOSレジでは、ポイントカードや会員カードと連動することができる顧客管理機能もあります。POSレジで受けたオーダー情報が、顧客情報として記録されます。初回来店から注文したメニューを記録し、好みを分析することが可能です。来店の都度、確実に注文するメニュー情報から、おすすめしたいメニューを判断することができます。そのため、売り込みしたいメニューを効果的に提案することができ、注文する可能性が高いお客様に、ピンポイントで提案することができます。一方で、好みとは全く異なるメニューを提案することもありません。分析データから機会損失を防ぐことが可能になります。また、顧客管理情報から来店時期や時間帯、頻度も分析できるため、メールやSNSでの広告宣伝もベストなタイミングを見極めることもできます。まずは、飲食店向けPOSレジを導入して、機会損失を防止しましょう。

CHOICES POST

飲食POSレジを導入すればコストの削減になる

忙しい飲食店では、業務の無駄は極力省きたいものです。従業員の手間と時間を削減できるのがPOSレジです。飲食店用のPOSレジは便利な機能がたくさん付いていて、会計時だけでなく、売上げ管理までしっかりと行ってくれます。販売情報もリアルタイムで確認できますから…

小規模なお店でも飲食POSレジの導入がおすすめ

小規模な持ち帰り店のオーナーや管理をしている方の中には、オーダーを口頭で受け記録していない、昔ながらの紙とペンで対応しているという方はいるのではないでしょうか。一見すると、高価なPOSレジのように導入コストやランニングコストがかかっていないように思えます…

飲食POSレジなら使い慣れたスマートフォンを端末にできる

飲食店向けの専用POSレジを導入したものの、使い勝手の悪さが問題となっていることがあるのではないでしょうか。専用設計で操作も独特、メニューリストからオーダーを受けたものを文字で探す必要があり、ボタンで操作するということは少なくはありません。結果、アルバイ…

飲食POSレジなら顧客管理機能を使えて機会損失も見逃さない

飲食店でお得意様に効果的な売り込みを行いたいと考えている方はいるのではないでしょうか。小規模な飲食店で顔馴染みが多く、来店頻度も高いなら好みに合ったメニューを提案できます。しかし、不特定多数のお客さんが出入りし、お得意様の好みまで覚えられないことは少なく…

TOP